nakoは生きものだ

消費者、ティーンエイジの残弾、日記