nakoのラノベ・VTuberブログ

主にライトノベル・バーチャルYouTuber(VTuber)について書いていくブログ。その他、書きたいものを書きます。数十年後に古文書として発掘されるのを目指しています。Twitter:@nako_hatena

足りない

夏休みの50分前、時をかける少女を観てなにかまとまりも合理性もないことを考えている。最後は言葉を、気持ちを形を変えて人に伝えるんだ、能力に頼らず。それが俺には足りないと思う。思うんじゃない、足りないんだ 人と目を合わせて話をしていないんだ。三者面談のときだって友人とだってずっとどこか違うところを見つめている。母親が言っていた、パパ、まあ俺の父親は優しいと学生時代に言われていたが本当はそうじゃなくて、他人に興味がないだけなんだと。確実にその血を継いでしまった俺はザッツライトでイグザクトリー、図星だと思った。思ったんじゃない、図星だったんだ。足りない。ああ、何か高い目標を掲げてもいつのまにか気力が消え目標すら消えていくのを繰り返してばかり。足りないんだ何もかも。現状に満足していないのにそれを変えようとしない。行動をしていない。それはただの意識高い系なんだよ。文字を書いていても会話しても常に自分と対話してる気がしてならない。結局お前は自分しか見えないし見れないんだよ。曖昧が邪魔をする。気持ちを保てない。好きだったものもいつしか好きではなくなっている。気持ちは一過性のものか?毎日のように聞いていた動画もマイリストに入れっぱなしでそのまま今日、気持ちは揺れ動くものだけど揺れすぎかもな。そして根源的な問題が現実感のなさに収束する。あの人もこんな空洞を抱えているのか。一度本気でぶつかり合うべきだ。うえ、考えただけで内臓が痛い。そうやって常に浮かべるPlan、しないDo。成長が止まっている気がしてならない。足りないのは全部、お金も時間もないけどそこじゃなくてさ、勉強とか覚悟とか思いとかさ、どうにかなることなんだよ。どうにもならなくなった下人のようにはなってない、環境に恵まれていることに気づく。昔は東大レゴ部ーなんて言っていたし、きっといけるんだろうなと信じて疑わなかったんだよ、幼稚園のときはさ。お前は何もしていない。ずっと逃げている。きっかけがないと変わらない、きっと10数年でこんななら、一生変わらないぞ。見てきただろ、見た目は大人、頭脳は子どもの奴らをさ、そうなっちゃダメなんだよ。なんでだ、なんでダメなのか。かっこ悪いな、大人気ないな、馬鹿にされたくないな、情けないな、くだらないな、つまらないな、はー周りと比べてばっかり。自分から変わるようにはなれない。誰かからきっかけをもらわないと。女神はどこだろう、現実の。バーチャルは最高だね、でも現実から逃れられないからこのクソな世界で生きるしかねえ、現実もバーチャルもどっちも見る。現実、欲しいな。今の俺から見りゃ全部バーチャルみたいなものなのかも。自分より頭が良い人と付き合いたい。女の人と何か関係を持っても踏み込むのが怖くなるか、向こうが恐れるか、そんなかな。ほら自信なし、ヘタレ。当たり前のことを思い出した、世界は俺をそれほど見ていないんだった。俺を見てる人なんてほぼいないも同然なんだ。友達に何回も言ってたのにな、「世界はそれほどお前を見ていない」って。かといって孤独であるわけでもない。恵まれてるな。はじめてのデートと呼べるものは中学2年の冬、東京で浅草寺スカイツリー→水族館だったなあしみじみ。ぶっちゃけ期待してたよ色々。ちょろいっつの。行きの電車で相手にドア近くの席に座らせてしまって寒そうで変わろうか?と声をかけるべきだった。ヘタレ。帰りはドア側行ったんだけどね。髪は長くてコミュ力つよつよ、そのくせ勉強もできて、特に芸術が凄かった。あとかわいい。スカイツリーの待ち時間が会話で埋まって全然苦じゃなかった。それでもお前は目を合わせなかったな。水族館は、というか彼女俺のことをちゃん付けで呼ぶんだったな。懐かしいというかなんというか。なんかぐでーっとやる気なさそうな魚を指差して「◯◯ちゃんに似てるね?」って言われた。いやーちゃん付けも悪くないっすよ。帰りは三回くらい送らせてくださいって言って折れてもらった。その後は朝一緒に散歩したり、カラオケに行ったり......?初めて誕生日プレゼントを他人から貰った。チョコレートと、ハンカチと、シャーペン。シャーペンこの前壊れてどうしようかとパニックになった。で、そのまま時は移ろいで。ヘタレ乙って感じですね。はえー、思春期。今度連絡取ってみるかな。そうしてまだPlan、明日からは夏休み。とにかく足りなすぎるんだよ、どうする?

どうしようもない、するしかないのにね、また逃げてる 現実感を得られる女の人が欲しい。