nakoの日記

日記、古文書、振り返り

夏休み七日目、ルーティーンに飽きてきた

当たり前のようにアラームを無視してカレーパンを食べた。おいしくはなかった。いつもと変わらぬ時間の電車に乗るためにいつもと変わらぬ道を駆け抜けて、夏休みは一人で登校して一人で下校。帰りは途中まで一緒だったりするけどさ。いつもの時間に到着していつものように問題を解く。解説されて二度と間違えないようにする。帰る。寝る。起きる。ぶっちゃけ人生そんなもんだと思うんだが、なんか飽きてきたな.,....。帰りに映画館によったけどちょうどいい時間のがなくてやめた。日曜行こう。雨かもな。帰ってきたら女の子からLINEが来ていた、花火大会とか行くのー?と聞かれてまあ行く予定はないですねと答えたら今日あるんだけど会えるかなーと思ってとか言われて、ああこの人は優しいんだなって。いやーお誘いすればよかったのかもしれない、果たして何をもってよいと言えるのか。相手の会話のスキルがすげえと思う。返信は三回以内に抑えててすげえ起承転結がまとまってたりするし、会話の中で互いに質問が少ないのにキャッチボールしている気がしている。今度はどこか誘ってみよう。ラーメン屋に行って、理学部行きたいんすけどーみたいな会話を親とした。はーん。曖昧な反応で終わった。台風の影響を考えて明日は休み。入部してから実質初の二連休。VTuberで時間を埋める。そいえば学校のベンチがいつの間にか増えていた。