nakoの日記

日記、古文書、振り返り

夏休み十日目、それでも月曜日は廻ってくる

アラーム通りに起きて、そしてすぐ寝る。何度かそれを繰り返した後にご飯を食べて準備する。今は電車の中で書いているがまだ脳が起きてない気がする。おきてーーー!!!ふだんの土曜日の登校時刻はふだんの平日とは違うから、あー今日土曜日だし電車空いてんなーってなるけど、夏休みは毎日のように土曜日の時間に行くから、今日なんで土曜日なのにこんな電車混んでんの?の数秒後にあっ夏休みだった、となってしまうのは脳がバグっているとしか思えない。今日から五日間部活の合宿だ、つれえ。合宿(泊まるとは言っていない(泊まるんじゃねぇぞ......))駅の謎に陽気な音楽を聞き流して、現地に早く着きすぎそうだから時間を潰す。現地ついたらみんな集まっていて遅かったかなーって思った。だらだらだらだら講師の方が話しているのがだるいなー意味ねえなーって思ったから配られた問題をフライング気味にやっていた。部員の中でいちばんに終わって暇だったから寝たり遊んだりしていた。合宿()の意味あります?今日は正答率91%でしたのよ。それでもあと9%あるんだ......。いつもやっているのとなんら変わりない活動だったからすぐ慣れた。あと四日。そういえばもう七月も終わってしまう。数日前までは涼しい天気だなーとは思っていたけど台風が過ぎ去ってさあ大変、スーパーウルトラサン。八月はどこもかしこも40℃とかいきそう。そんなこんなで今年の夏コミは死ぬ(確信)なので諦めようかなとも思ってる。いやしかしな、部屋で一日を過ごすのもな、せっかくお盆休みはあるんだし。うーんうーんと悩んだ末にたどり着くのは何もしないことで、そのまま時だけが進んでいく。お前はいつもそうだ。最近はまったく本を読んでいないのでなにかどっさり買い込みたい。手をつけていない本は二冊くらいあるし、なんなら今年の冬に買った灼眼のシャナも全巻買ったのに8巻までしか読んでいない。アニメ化するから、と一巻だけ買ったラノベの続きも読みたい。時間は人間みんな平等だと言うけれど、本当にそう言えるのか?等しい時間が流れているかは物理学に任せておくとして、時間の感じ方は絶対人によって違う。たまに同じ曲を聴いていても曲のスピードが違って聞こえたりする、気持ち悪い。楽しい時間とつまらない時間の差もあるんだし、与えられた時間は等しいのかと言われればうーん。それは心理的要因だけど。このまま歩き続けた未来を考えてみると、進路で絶対どこかで後悔するんだと思う。この先人生で後悔はないとかそんなわけないけど、このまま進んだ大学もつまらないだろうし、変わるのなら今しかない、その今は好きなVTuberの配信を聞き流しながらこの日記にもならない文字列を打っている。部活以外の勉強もせず、終わる七月、終わらない宿題、endless summer、never ending、I'm living well、going to royal road(何言ってんだこいつ)。