nakoの日記

日記、古文書、振り返り

4/29 イヤホンを忘れた 2019

 昨日はアベンジャーズ/エンドゲーム を観てきた。吹替版のすぐ後に字幕版を観たのは我ながら贅沢だった。だってあそこの劇場安いんだもん。

 

 国民の休日(笑)なんて関係なしに今日も休日ダイヤの電車に乗っている。朝起きたら昨日何時に寝たのか記憶がなかった。スマホの充電もされていなかったのでおそらくひどい形での寝落ちだろう。

 

 ワイヤレスイヤホンを忘れた。あれはモバイルバッテリー代わりになるし、高音質だし、長持ちするしで気に入っているのに。今日は何も一曲も聴けないというのはなかなかにフラストレーションが溜まる。

 

 目が痛い。花粉症だ。去年までは花粉で目が痛くなるなんてことなかったのに。こいつのおかげで昼間に55%くらいの眠気が来る。雨だといいんだけどな。

 

 起きたら家を出る(部活に間に合う)時刻まで余裕がなくて、もう休むか、とか思いながらも駅まで歩いた。間に合ってしまった。

 

 ゴールデンウィークなのに部活に行く。あの活動内容が僕の人生みたいに薄い部活にだ。

 

 顧問が問題を解かせて、午後から解説をします、と言うけど午後何も言わずに解説に来ない日が何日もあった。3月の中旬あたりの話だ。

 

 たぶんそれが3日くらい続いて頭にきて、僕と友人は午前で抜け出しカラオケに行き吹奏楽部のコンサートに行った。

 

 プログラミングの講義やります!っていうのもいつのまにか消えてたし。そのくせこの春はプログラミングの講義やるとか言うし。どうせ忙しいとか言って何もしないのであろうな。

 

 さあもうすぐ最寄である。今日は死ぬほど心がキツイ。部活に行くと思うと全身が拒否反応を起こす日だ。寒気とか鳥肌のワンランク上の感覚と、心臓が前方向に2cmくらい引っ張られる感覚。このまま吐いてしまって、部活休めればいいのに。

 

 この感覚が続くと、殺してくれ、と思ってしまう。信号がない道路での横断でも、止まってくれる車に轢いてくれればなと思う。ホームで電車を待っていても、都合よく後ろから後押し(笑)してもらえないものかとか。

 

 まあ結局は死なず死ねず、死ぬまで生きてしまうんだろう。

 

 今日はイヤホンがあれば何を聴きたかっただろうか。