nakoは生きものだ

消費者、ティーンエイジの残弾、日記

into the 夏

関東甲信地方が梅雨明けしたそうだ。でも肌感覚でわかるところがある、こんな猛暑で梅雨はないだろう。今日は全休で昼に起きたのだが、テレビをつけると外の気温は35度あるらしかった。何をする気も起きませんね、6月の35度は。

 

寝るときも冷房を消していたから、汗が凄かった。じっとりした汗をかいていた。扇風機を自分の方に向けて、なんどか深呼吸をして眠れた。10時間眠れた。この3日間の睡眠時間が12時間、14時間、10時間で推移している。何か疲れるようなことをしなくても、日々このくらい寝ている。でも長時間睡眠で調子が良くなるとかではない。

 

しばらくは夏の暑さに慣れる期間にしたい、涼しい室内に閉じこもるのもいいが、それはなんだか体力を徐々に削るように思うので、少しは外に出て暑さに慣れていきたい。

 

ということでここからファミレスまで自転車で出かけたい。暑すぎて無理だった。近くのコンビニまで歩くのが精一杯。コンビニのコーヒーとチューイングガムとアイス(サクレ)を買った。

 

調子が良い日が1日もない。数年前はこんな感じじゃなかったのに、いつからこのような調子の悪さが全身を支配するようになったのだろう。