nakoは生きものだ

消費者、ティーンエイジの残弾、日記

生活と人生

生きることを「生活」と「人生」に二分することがそもそもナンセンスだと言われたら、はい、本当にその通りです、すみませんと謝るしかない。すみません。でもそのような気がしてしまうのは仕方がないと思う。「ハレ」と「ケ」みたいな二分法なのだから。

 

生活を説明するのは簡単で、起きて寝ること、皿洗いから洗濯や食事や掃除、その他家事一般からなることや、お金の振り込みや書類の提出や課題をこなしたり働いたりして日々をなんとか過ごしていくことなのでしょう。

 

一方人生の説明は難しそうだ。「生活をする」は普通の響きだろうけど、「人生をする」(あるいは「人生をやる」)のは、少し奇妙な響きがする。

 

でも日々を生きていて(生きること全体で)、ああ自分は今間違いなく人生をしている、と思う瞬間がわずかながらにあるわけで、そういう時間のことを人生と呼んでいきたい。あるいは、誰かを見て「この人は人生をしている」と勝手ながらに思うことさえある。(特にインスタグラムを見ているとそんな気がしてしまいますね)

 

そして私は人生をしたい。具体的な説明になっていませんね。無限に濃厚な時間を浴びたい。ただ漫然と時間に揉まれていきるのではなく(その中で生きていくのも十分に楽しいけれど)、自ら人生を差し出したりして、生涯の全時間に、過去も未来も変えてしまうような瞬間を生きてみたい。そうは思いませんか?

 

もちろん人生だけを追い求めてはいけない。確かな生活に根差しながら、しっかりと地に足をつけた上で、ときどき翼を生やしたり航空機に乗って自分を空に投げてみたり、たまに裸一貫自分の身体だけで海に飛び込んでみたり、なんなら宇宙船に乗って別の星に行ってみること。生活をやりながら人生をしたい、とはそういうことなのではないかと思う。知りませんけど。書いてみたら、そんなに難しいことでもないんじゃないかと、酷い勘違いをしてしまった。......どうですかね。

 

まずは当座の生活をやる。というわけで、私は今から必修の英語の授業に出席するのです。あ、小テストあるの忘れてた。まあいいでしょう。