nakoのラノベ・VTuberブログ

主にライトノベル・バーチャルYouTuber(VTuber)について書いていくブログ。その他、書きたいものを書きます。数十年後に古文書として発掘されるのを目指しています。Twitter:@nako_hatena

12/13 Liptonのストロベリー&クリームミルクティー 2018

Liptonのストロベリー&クリームミルクティーを飲んだ。マックのいちごチョコパイ(チョコパイの外観がパンツっぽいのでパンツと呼んでいる)のついでで買った。味は思ったよりも薄くて期待はずれといった感じだ。これなら学校の自販にあるいちご・オレのほうが安いしうまい。まあ元々はロゼスパークリングを求めていたて売ってなかったから気分で買っただけなのだが。

テストが終わった。まったく勉強せず挑んだ。なんなら手ごたえの感覚すら覚えていない。返却日は月曜まであるのだが、今日帰ってきた教科に満点があった。よしよし。今日時点での一教科平均は95.6だ。なかなか良いが、ここから下がっていくことであろう。なんなら面倒になってしまって国語のノートを完璧に提出しなかったまである。これはノート評価Cですわ。

かなり勉強しなかった。リア垢で優しい世界をみてTwitter依存をしまくったし、時間は作ればあったのにVの世界には触れさえしなかった。元々飽きっぽい人間であるので、まあそんな時期になってしまったかという感じだ。あの燃え上がった感情も、1年もせず忘れてしまう。こんなに悲しいことはない。いつかこっそり、古参面をして配信を見ていることだろうが。

その中でも一口サイズの動画は見易い。ケリンの動画なんかは投稿直後に見てた。ケリンの動画がニコニコ文化的で好きだという特別な理由もあるが。

あと眼鏡が壊れた。レンズにヒビ?が全体的に入っていた。踏んでしまったとか、重さでとかではないように思えた、一気に冷え込んだ日だったので寒暖差かと思ったら正しいらしかった。眼鏡屋の気のいいにーちゃん曰く、温度が上がって膨張して、冷えて割れたそうだ。まだかけられる眼鏡だが、ヒビらしきもののせいで視界が曇ったように見えて集中できないので新眼鏡だ。ちょっとイケメンに見える(自己評価)。

夜は短し歩けよ乙女を図書室にて借りた。森見登美彦作品ラッシュを始めようと思う。毎日本を読みたいな。四畳半とか。

日曜に英語のテストがあるが、定期テストやらだらけやらでここまでノー勉である。どうにかなるものか。

あと日商簿記3級受かってました。自慢できる資格でもねぇや。次2級だ。

あと英検の金を出す日に金を忘れるなどというポンコツムーブをかましたしまったので、今回は受けずに次2級受ける。

卓球のニュースを見てるが、「みまひな」というふうにカップリングの如く略していて、そういう世界に染まってんなぁわたくしぃと思う。

そろそろ寝たいので終わりにする。鼻水がひどいので濡れタオルやらのど飴やらを買おう。

 

あ、冬休みは毎日夏休みのときのように日記書こうと思います。ふじこ

12/1 人生で二番目の柱を得ました 2018

女の子に告白しました。終わり。

 

はい嘘です。嘘ではないけど嘘です。

自分の理解者はある程度いたと思うけど、共感者はいなかったように思える。

 

リア垢を作って同じ学年で知り合った女の子がなんかこう、同じ部分があって、くだらない下りで告白した。

 

いや告白でもないね。付き合いたいわけではない、この関係性を楽しみたい。

 

なんだこれくっせぇな

11/26 言葉にするということ 2018

さてテスト2週間前を切り学年3位となった僕は順位を小なりイコール3にするための努力が必要でその時間も必要なのだが、ここで「俺の青春ラブコメはまちがっている。」13巻を読んでしまった。こんな気持ち悪い自己を形成しやがった愛して憎むべき大好きな作品だ。文の美しさを感じさせる。美しさなんて使い古され聞き飽きたような言葉を使うのももったいないというべきか。

 

言葉にするということは、型にはめるということだと思う。言葉にする以前に感情とか思っているなんだかよくわからないぐちゃぐちゃしたものがあって、そこから限りある型にはめていく。はめる途中ではみ出る部分もあって、そこで何かが欠けていく。いや、抽象的すぎるなこれ。

 

言葉にするということはとても大事で、曖昧に曖昧を重ねたようなもので、何か伝えたいものも抜け落ちる。でもやっぱり言葉なしではコミュニケーションが難しく、何かが違うとわかっていても、完全一致する言葉がないから、近似一致する言葉を選んで、正しく伝えられなくて。

 

だから、なんだろうか。言葉に当てはめてしまうことが悪だとはもちろん思わない。思わないけど、それが間違えてしまうことがあるのだ。名は体を表す、という言葉もあるように、名前、言葉、ラベルを貼り付けてしまえばそれにしか思えない。誰かとの関係性を友達として規定してしまえばその人は友達である。

 

言語は難しい。気持ちをそのまま伝えられたらいいのにって思うときもある。高次な感覚的なものを低い次元の言葉に降ろさなければ外には出せない。

 

綺麗なものに触れたときには綺麗、美しいものに触れたときには美しい。そうじゃない。そういう場合分けをしたいんじゃない。そんな馬鹿みたいな暗記をしたい訳じゃないんだ。

 

一度触れてみて、そのあと、やはり言葉に当てはめてしまう。でも語彙は乏しいわ現実感がないわな僕には至極一般普遍的で凡人的で、だからか言葉のパターンがなくて、それっぽいのに当てはめて、間違えてると確信しているのに間違え続ける。

 

だから言葉にしたかったりしたくなかったりする。言葉にしてしまえば、誰かに知られて、覗き見されて、自分のものではなくなってしまいそうだから。でも逆を取れば誰かに知ってもらえる、わかってもらえるかもしれないということだ。それは言葉の利点だろう。

 

これから先、僕は無限ほどの感情でなくとも、数えるのは円周率をずっと言い続けるくらい面倒な数ほど心に秘めるだろう。でもそれを言葉にするとたぶん1000パターンもないんじゃないかって思う。ほんとはもっと少ない。500あるかどうか。絶対もっと少ない。だから触れて、なんとか新しい景色を見続けたいんだよ......。見続けたいんだよなぁ......。

11/18 日商簿記三級 2018

ええ、受けてきましたよ。日商簿記三級ね。簿記の基礎とも言われる検定ですよね。ええ。

 

当日の朝、親に「目標は?」と聞かれて「満点」と即答したんですよ。

 

本番は二時間ありましたよ。これまでの演習では一時間と少しあれば全部埋まって、8割9割取れていたんですよ。

 

満点を取れると、取らなきゃいけないと思ったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一問落としました。

 

うわあああああああ\\\\٩( 'ω' )و ////

まあ、僕はそういう人間でしたよね、と。

 

寝る!!!!うがあああ!!!

11/9 in満員電車 2018

満員電車ではパーソナルスペースなんてものはない。自由に動けるスペースもないし、なんなら今満員電車で書いているこの文だって後ろの人が余裕で目に入る。しっかりとした姿勢も取れなくて、足の付け根あたりがコールをあげる。やー痛いよ。そして密室で人口密度がひどくて冬服だと暑い。まあ、この責任は電車に乗らなければならない学校を選んだ自分が悪い。あまり家から出ない生活でも、何かで代用可能だろうに。学校の授業とか、わざわざ現実でやるような内容でもない訳だし。こんなかなり厳しい環境を数十分過ごしてまで学ぶことが大してないのはストレスだ。はいはい、選択した自分が悪いね。選択には責任が発生するからね。はいはい仕方ない仕方ない。萌え絵で気分を紛らすも、やはり痛みがひどい。

11/5 二期中間順位 2018

はい、やっとこさおいでなさりました、テスト結果。

 

点数はわかっていて、あとは順位だけ、というのが二週間ばかり続いた気がする。

 

順位は〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学年3位!クラス2位!

 

おー!前回6位だったのに比べたら成長と言えなくもない。

 

と思ったが、順位は相対的な指標を示しているのだ、僕が上がった訳ではなく、周りが下がっただけなのだ。

 

事実、英語の学年平均が50を割っている。あとぴったし50の教科もある、前回よりずっと下がっている。

 

順位なんてくっだらないかもしれないが、それでも僕にはなにかと重要である。

 

ただまあ、クラスに一人上がいるのだよな、強い。彼女は番号が僕よりも前だから反応を伺うことができたのだけれど、悔しそうにしていた。2位らしいな。では1位は......。

 

まー、いい感じでした、おしまい。

 

あと最近色々つまらなくなっている。やばい

11/1 日々は移ろぐ 2018

月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人だが、月日も年も行ったっきりな一方通行なのだから、それは旅人というよりは放浪者に近いのではなかろうか。旅とは、”定まった地を離れて、ひととき他の土地(場所)へゆくこと”なのだとすれば。ある場所に戻ってくるまでが旅だとすれば。時は自分から戻りはしないのだから。この言葉に意味はないけれど。

 

時はずっと進んでいる。夏休みが終わって、2ヶ月経った。

 

その時の間で自分が成長したかといえば答えは偽だ。

 

成長したとは思えない。度を過ぎた甘えを知ったりもしてしまった。

 

9月頃の日記には、夏休み前ほどの勉強をしていない、夏休みで甘えを知ってしまった、などと書いている。

 

この時点でさらに甘えを知りそして甘えている。 

 

テストの順位......は明日か月曜にやってくる。明日がいいな。まあぶっちゃけ上位層の点数聞けばどのくらいかわかるんだけどさ。5位入賞なるか。

 

英検の勉強もしていない。単語をやってない。毎日10分だけでもすれば良いのに。

 

数学も化学も。目標を達成する気持ちも薄れてゆく。

 

最近はとても調子に乗っていて、授業受ける意味なくね、とか言っている。

 

英語がとてもとても素晴らしい授業で、六時間英語でよくね、とか。

 

僕の感想として、授業がつまらないのである。なんだろうな、魅力を感じない?

 

自分でやった方がいいんじゃないかな、と思う。授業が普通で印象に残らないし。事実教科書写すだけの授業、じゃなくて時間の浪費は無駄すぎて一人で勝手に進めている。

 

その時間の浪費は今日やるページまで終わったので本を読もうとしたら注意された。教科書を隠すように本を読んでいたら、先生(先生なんて言葉使いたくもない)に「教科書」とだけ言われた。日本語不自由かよ。

 

人間として尊敬出来ない人の授業なんて受けなくない。そのせんせーはまず臭いがやばいのだ。加齢臭というか。別名バイオテロ

 

となりの友達がマスクを箱で持ってきてくれていたので貰って、更にそこにティッシュをつめて過ごした。僕は最前列なので、マジでやべぇのである。幸いマスクで防げたが、その友達はマスクを四重にしていた。暑そうだったな。

 

そんな人がする授業は地獄なのだ、本当にバイオテロ。悪臭振りまく(無自覚?)40過ぎた大人様がする授業なんて、程度が知れるというものだろう。

 

というかこの教科が悪臭凄すぎて他の教科の評価が相対的に上がっていく。

 

他の授業も、わざわざ授業でする意味を感じないのだ。仲の良い友達ととなりになったのでふざけたりしているが。それはとても楽しい。

 

定期検診みたいな、人間ドック?みたいな、生徒でいうところの健康診断に、「体臭」の欄を設けてほしいよな。や、臭いって本人気付かないじゃん......。

 

そんなこんなで授業に価値を見出せず。数学の先生と英語の先生は本当に好きなのだけど。

 

なんだろうか、高校に入学してから、授業を受けるだけでどこがテストに出るか分かるようになってしまった(それでもまあ満点は取れないわけだが)。それが一層つまらなくさせているのかな。

 

暗記以外でわからないところがない。ご丁寧に演習系の奴は解説があるので、解説読めばまずわかる。この時点で先生はいらない。解説読んでもわからないことについては先生に聞くべきだけど。国語の心情を書け選べは大嫌い。

 

ふと思った、授業を受ける、説明を受けるということは、誰かに説明をする練習ではないかと。いや、これはいいや。

 

なんだろうな......。楽しく、授業を受けてぇよ......。わざわざ50分、時間の浪費を強要される。本という逃避手段を取られたということは他のことをしてはいけないということだろう。今日は何もしなかった。既に理解を済ませているものについてだらだら先生が説明して。教科書と同じことしか言わない癖に。

 

学校やめたい、という言葉も、今朝出た。や、やめたいわけではない。高卒という資格は欲しいし、友達はいるし、部活はまあ、楽しい。

 

つまらない授業を受けたくない。全部これに収束する。かも。

 

ほんとに、受けなきゃダメかな。受けてないな。時間を無駄にしていいのかな。

 

 

 

 

ダメだろ。今の一年はとても貴重なんだ。10年後の一年より、きっと何倍も大事なんだ。そんな時間を、無駄にする訳にはいかない。

 

ここからは反抗期だ。生憎と、学校にいて昼間でやる気がある50分を無駄にしてはいけない。

 

どっかの誰かが言っていたように”””””主体性”””””を持って授業に臨む。自分で選択する。

 

や、まあ評定を人質に取られているんですけど......。知るか定期テストで9割取りゃなんとかなる。なるよね?ちょっと怖くなってきたぞ......。